よくある質問

Q. 寒冷地対応とは、どの様なレギュレーターですか?

A. 酷寒の環境下で最高のパフォーマンスを発揮するために、ドライチャンバーシールなどいくつかの特別な機能を搭載したレギュレーターです。

Q. 寒冷地非対応のレギュレーターとはどの様なレギュレーターですか?

A. 10度以上の水温でご使用いただけるレギュレーターです。

Q. エイペックスのレギュレーターの中圧はいくつですか?

A. エイペックスのレギュレーター全て、中圧は9.0-10.0BARです。

Q. どのくらいの頻度での点検が必要ですか?

A. ダイビングを安全かつ快適に楽しんで頂く為に、最低でも2年に1回の頻度でオーバーホールを行って下さい。定期点検は使用回数にかかわらず1年に1回の頻度で行って下さい。ご購入後1年に満たない場合でも、ダイビング本数100本ごとに、または器材に不自然さや異常を感じたらすぐに、器材をご購入になられた小売店に定期点検をご依頼下さい。
弊社では1年に1回のオーバーホールを推奨しています。

Q. APEKSのレギュレーターはナイトロックス、EANで使用できますか?

A. 2002年以降に製造されたレギュレーターは、新品の状態であれば酸素分圧40%未満のナイトロックスで使用可能です。 一度でもエアーでご使用された場合はナイトロックス専用のオーバーホールが必要です。

Q. Apeksレギュレーターは左手でも使用できますか?

A. XTXシリーズは右出し・左出しの組み換え可能です。TX、ATXシリーズは右側からのみの使用となります。オクトパスイーグレスは、左右の手どちらでも使用できます。

Q. ファーストステージをタンクにセットする際、上下の向きはありますか?

A. どの向きでも構いません。個人の判断にお任せします。レギュレーター機能に影響はありません。

Q. 海外に代理店はありますか?

A. 日本以外にも世界中に代理店があります。 local agents

Q. ヨークタイプレギュレーターをDINバルブに接続できますか?

A. DINアダプター(DIN取り付け/APEKSレギュレーター専用)(DINアダプター(DIN取り付け/APEKSレギュレーター専用))を使用すれば通常のDINタイプバルブのシリンダーに取り付けることが出来ます。

Q. リムーバブルHPバルブシートはどのような部品ですか?

A.1stステージ本体内部でシーリングとして使用されているパーツです。リムーバブルHPバルブシートは本体に直接シート部があるより利点がたくさんあります。まず取り外し可能なのでシート部分に傷がついても高価な本体を交換する必要がありません。そして真鍮本体と異なる素材で製造が可能で、例えばATX200では真鍮より防錆性の高いARCAPで製造されています。さらにリムーバブルHPバルブシートを採用することで本体に直接バルブを面するより耐久性をも高める事が可能になりました。

Q. エイペックスレギュレーターは左手・右手どちらでも使うことができますか?

A. XTXシリーズは、セカンドステージのホース仕様を右出し、左出しどちらもセット可能です。(仕様を変える場合は必ず当社の認定を受けた正規代理店にご依頼下さい。)

Q. TEK3とはどのようなレギュレーターですか?

A. TEK3は、ダブルタンク用に特別に設計された斬新なファーストステージレギュレーターです。詳しくは、テック3 L/Rファーストステージセット(DIN)のページをご参照下さい

Q. セカンドステージのヴェンチュリー調節スイッチとはどのような機能ですか?

A. Apeksのセカンドステージの多くに備わっているヴェンチュリー調節スイッチは、セカンドステージのエアーの流れる方向を変える事で、水深の深い場所ではスイッチをプラス(+)にして呼吸をしやすく調節したり、水面移動中にはスイッチをマイナス(-)にしてフリーフローを防ぐことが
できます。