エイペックスが40周年記念限定モデルのレギュレーターを発表

世界規模のダイビング器材メーカーであるApeks社は、イギリス屈指の精密工学と高度技術を40年間培ったその集大成として、限定モデルのブラックサファイアを正式に発表しました。

Apeksはブラックサファイアが我が社の歴史を表現する最高傑作であると信じています。世界で数量限定として販売されるこの逸品は、30周年モデルとして人気を博しコレクターアイテムとまでなった「ブラックパール」の伝説を継承するでしょう。

航空機に使用されるメタリック加工をフロントカバーに採用するなど、ファースト・セカンドどちらにおいても、製造過程においての精密機器さながらの厳密さ精巧さが表現された、新しいデザインです。
2ndステージのメタリックフロントカバーは単なる外装ではなく、寒冷地でのパフォーマンスを向上させます。
ヒートエクスチェンジャー標準装備で寒冷地のパフォーマンスはさらに拡張されます
ファーストステージには寒冷地でも性能を最大限に発揮するヒートエクスチェンジャーを標準装備、さらに強靭で高級感あるPVDコーティングが施されています。
ヒートエクスチェンジャー付きアップグレードキットを5つ目のLPポートとして標準装備、さらにセカンド側だけでなくファースト側もスイベル仕様をもつカーボンカラーダブルスイベルコンフォートフレックスホースを採用。ブラックサファイアは見た目だけでなく、最も快適なダイビングを提供する高性能レギュレーターといえるでしょう。
Apeks社マネージングディレクターのLandon Helsby氏は次のようにコメントしています。

「我々のレギュレーターは今や、デザイン、品質、性能において業界の水準とまでになっています。目を奪うルックスと高度な技術を詰め込んだブラックサファイアの登場は、かつて2人のエンジニアが小さなガレージから始めたわが社が、今は極限まで性能を上げようと強い熱意を持ち続ける150人の従業員と世界規模の製造工場を持つまでとなった40年の道のりを、最高な形で祝福してくれるでしょう」

UKのセールスマネージャー、Dean Martinは次のようにコメントしています。「ブラックサファイアに深い誇りを感じます、Apeksのメンバー全員がこの特別なレギュレーター開発にそれぞれの役割を果たしました。パッケージをみていただければ、創設者Ken Ainscough,を含む私達全員の署名が書かれているのに気づくでしょう。全てのブラックサファイアはシリアルナンバーが表記されおり、すでに多くの方から、思い入れのあるナンバーを手に入れたいというリクエストが来ています。ナンバー0001を手に入れるのは一体誰なのか、気になります。

購入時に収納されているEVAフォームレギュレーターケースは、レギュレーターケースとして使用できます。